乾燥肌に潤い肌を

敏感肌・乾燥肌に潤い

 

セラミド

 

 

バリア機能低下した乾燥肌 敏感肌救世主

 

乾燥肌、敏感肌用の潤い化粧水は色々な化粧品メーカーからたくさん発売されています。

 

でも、お肌のバリア機能が乱れてしまっている肌に、ただうるおい成分だけ与えてあげても焼け石に水。乱れた角層の隙間から、せっかくの潤いがどんどん蒸散していってしまいます。

 

いくら保湿をしてもすぐに口元や頬のまわりが粉をふくような状態になってしまうなんていうのは、角質がそんな状態になっている乾燥肌の典型。

 

だから乾燥肌や敏感肌の人は、しっかりとした肌バリアを作ることから考えていかなくてはいけませんね。

 

そこでおすすめなのが、ポーラ・オルビスグループの乾燥肌・敏感肌専門ブランド「ディセンシア」から発売されている「つつむシリーズ」です。

 

ディセンシアの特許技術を応用した「ヴァイタサイクルヴェール」でバリア機能を形成し、肌をヴェールで包みこみながら潤いを与えていってくれる化粧品です。

 

今までの潤いケアに満足できなかったら、まずはトライアルセットでお試しになってみてください♪

 

潤い肌|敏感肌・乾燥肌専用化粧品つつむシリーズ

 

バリア機能の低下

 

貴女のお肌が潤わないのは・・・

 

紫外線などの外部からの刺激で、あなたのお肌は悲鳴を上げていませんか?

 

特に乾燥肌、敏感肌といわれる皮膚は、バリア機能が低下しているので紫外線をはじめ、ほこりや花粉などの外的刺激にによってダメージを受けてしまいます。

 

さらに、バリア機能の低下は、肌内部の水分も蒸散させてしまいます。
そのため、炎症が起きたり元気な細胞の育成もままならなくなり、角質はさらに乱れてきてしまいます。

 

 

 

図をみてお分かりいただけるように、バリア機能が働きを満たしていないと、ただ潤いを与えるだけのスキンケアでは、負のスパイラルから抜け出すことができません。

 

そこで、ディセンシアが製薬会社と共同開発した特許技術を応用したヴァイタサイクルヴェールの出番です♪

 

ヴァイタサイクルヴェール

 

ヴェールをまとわす

 

乾燥肌や敏感肌の乱れた角層をヴェールで包み込むように、外部刺激や水分の蒸散を防ぐバリア機能をアップしてくれる、ディセンシアの特許技術を用いたヴァイタサイクルヴェール。

 

 

ベントナイトとヒト型セラミドでもうひとつの角層

 

乾燥肌や敏感肌の乱れてしまった角層の上に、バリアクリームをぬることで、角層が果たす役割を補ってくれるのが、ディセンシアの特許技法から生まれたヴァイタサイクルヴェールです。

 

ベントナイト

クリームの主成分として使われるているひとつは、板状構造をもつ自然の鉱石ベントナイト。
このベントナイトが外部からの刺激をブロックし、さらに有効成分を配合することにより肌内部の水分の蒸散を防ぐバリア機能を高めてくれます。

 

ヒト型セラミド

セラミドは、角層の細胞と細胞の間を埋める細胞間脂質に存在する保湿成分です。

 

もうひとつのクリームの主成分は、そのセラミドと同じ構造を持つヒト型セラミドをナノサイズにしてクリームに配合。角層の奥にまで浸透させていき、乱れてしまった敏感肌や乾燥肌のセラミドの間に入り込み配列を整えていきます。

 

これらによって、まるで肌の表面にヴェールをまとわせる感じで、角層のバリア機能を高めていってくれるのが、ヴァイタサイクルヴェール。
ディセンシアの特許技術です。

 

詳細はこちらから>>>Decencia つつむシリーズ

 

お客様の声

 

ディセンシアに寄せられたお客さんの声

 

※「個人の感想で効果を保証するものではありません」

 

↓まずはお試しセットから↓
セラミド